製作の流れ/(株)三好木工のこだわり

        <(株)三好木工は環境に良いエコ材料を使用しています>

お客様のニーズに最適な製品をお届けするため、材料の吟味から優秀な職人によるきめ細かいハンドメイドのものづくりを志しています。確かな技術の裏付けによる、丈夫で健全な製品を製作する一方、環境や人体にやさしい材料(合板F4☆☆☆☆/接着剤F4☆☆☆☆/塗料F4☆☆☆☆/芯材再生紙・間伐材など)を使用することで、お客様に永く愛される高級オーダー特注家具(オーダーメイド家具)をお届けすることが可能です。

図面作成  

図面作成

お打ち合わせで伺った内容より、図面を作成いたします。
 
三好のこだわり
最終契約の際、当社では見積もりと図面(製作図面)を添えます。納品後のアフターケアーにも役立ちます。
矢印
材料選定  

材料選定

大きさや家具をご使用になる環境などから、適材を選定します。
 
三好のこだわり
当社工場長が吟味・選定します。ローズウッドなどの高級材は常時入手。合板はF4☆、芯は間伐材も使用します。FSC認証制度(森林認証制度)については、材木店より証明書をいただいています
矢印
木取り  

木取り

原木を、使用する部材の形や目的にあわせて切っていきます。
 
三好のこだわり
長年経験をもつ木取り職人により良い材料を選定し木取りしています。ふし・辺材は、決して使いません。
矢印
機械加工  

機械加工

製材機でプレス、切り回し、小口仕上げなど加工します。
 
三好のこだわり
人の手が入ることで、家具の木目の艶とか、家具の温もりとか、人が感じる雰囲気を大切にしています。
矢印
組立作業  

組立作業

切り取った部材を組立てていきます。
 
三好のこだわり
なるべくジョイント金物を使わないようにほぞ・だぼ構造にし、家具をながく使えるようにしています。接着剤は、F4☆を使用しています。
矢印
素地仕上げ  

素地仕上げ

表面をカンナで削り、安全で滑らかな素地に仕上ます。
 
三好のこだわり
カンナで目地をはらい仕上げることで、塗装後に表面の木目が浮き立ち木の風合いがより美しく保たれます。その風合いが出るように心がけて仕上げていきます。
矢印
塗装  

塗装

耐水性や耐汚性を高めるため、コーティングを施します。
 
三好のこだわり
長年の技術とノウハウ、そしていい家具を塗装した経験より磨かれた職人のセンスをもって塗装します。基本的にすべて、F4☆エコ塗料です。
矢印
仕上  

仕上

金物やガラスの扉など、付属品を取り付けていきます。
 
三好のこだわり
最終調整・傷や塗装むら等のチェックをします。工場長が最終検査をします。
矢印
現場取付  

現場取付

現場取付作業には床や壁の水平・垂直を確認しながら家具を設置します。
 
三好のこだわり
家具と壁に隙間があると家具に歪ができたり、害虫が入ったりするので、当社では、隙間を埋めるようにしております。
 

 

 

        banner_estimate.jpg              

 

bannerform2.png